足りなくなった油分を足すようにする

美髪7
年齢を重ねると髪の毛にツヤが無くなってくると思います。
髪の毛が乾燥してパサパサしていると老けて見える原因になるので、きちんとケアするようにしています。
洗髪してタオルドライした状態の髪の毛に、毛先を中心にワセリンをつけていきます。
少し水分が残っている状態の髪の毛につけた方が伸びやすいです。
毛先につけ終わったら、残ったワセリンを髪の毛全体につけます。

 

ペタっとしてボリュームが出にくくなるので、頭皮の周辺にはつけないようにします。
毛先につけた後の残った少量のワセリンを全体に馴染ませるだけでOKです。
毛先だけでも乾燥が治まってツヤが出ると、かなり印象が変わります。
ワセリンは肌の油分と似た成分なので、刺激が少ないです。
週に1回はオイルのヘアパックをするようにしています。
市販のエキストラバージンオリーブオイルを使います。
お風呂場で髪の毛を濡らしたら、オリーブオイルを髪の毛全体に馴染ませます。
くしでとかしながら付けていきます。

 

100円ショップで売っているシャワーキャップをかぶったら、湯船に15分ほど入ります。
蒸気で成分が髪の毛に浸透しやすくなります。
あとは普通に洗い流してシャンプーをしたら終わりです。
髪の毛全体がしっとりとして、まとまりやすくなります。
クセも出にくくなりましたし、枝毛やアホ毛も減りました。

 

乾燥で髪の毛が広がることもないですし、静電気にも強くなったと思います。
市販のシャンプーは洗浄力が高いので、必要な油分まで髪の毛から奪ってしまうと思います。
年齢を重ねると油分は体からどんどん無くなっていきますから、若い時と同じようなシャンプーやケアではいけないと思います。
洗浄力が弱めのシャンプーに変えて、少なくなった油分はきちんと足してあげるようにすると良いと思います。
たまにお湯だけで洗髪するようにしても頭皮にシャンプーの刺激が無くなって、太くてキレイな髪の毛が生えてくるようになります。