お金をかけない!髪のケア

髪の毛のケアには高価なシャンプーやトリートメントなどが必要。そう思いがちですがこれさえやれば美髪に近づける!という方法をご紹介します。
まず一つ目は、「髪の毛をしっかり乾かす」ということ。これだけ?と思いかもしれませんがこれが結構重要なのです。
髪の毛が濡れた状態というのは実は、髪の毛に大きな負担をかけた状態なんです。髪の毛が濡れているとキューティクルが開きっぱなしになるのです。これが髪にいいはずがありません。

 

そして髪の毛が濡れた状態で寝てしまうと蒸れたりしてニオイのもととなるのです。髪が濡れた状態でいるのはこんなにもデメリットがあるのです。
もちろん乾かしすぎは良くありません。タオルで優しく髪の毛の水分を拭き取り、手早く乾かす。これが一番良い方法です。
ここで注意しなければいけないのが乾かし忘れ。特に頭の後ろは乾かし忘れが発生しやすい場所です。面倒くさがらずしっかり乾いたかチェックするクセをつけましょう。
そしてもう一つ重要なのがブラッシングです。ブラッシングには髪の毛や頭皮の汚れを落とす効果や、頭皮を刺激するマッサージ効果があります。頭皮をマッサージして血行を良くすることは、生えてくる髪を質の良いものにするのに大変役立ちます。

 

また、洗髪をする前にブラッシングをすると髪の絡まりがとれます。そして洗髪中の無駄な髪の毛同士の摩擦を予防することが出来るのです。
ブラッシングする時は様々な方向からしてみてください。普段刺激されていなかった頭皮の場所があるはずです。頭皮のコリがとれて頭がすっと軽くなりますよ。
普段何気なくやっていることも意識を変えてやってみると大きな効果を生み出します。高いお金をかけなくても、意識を変えるだけで美髪に近づけることでしょう。
最近髪の毛が衰えてきた・・・そんな方もぜひ試してみてください。
美髪5

髪のエイジングケアで薄毛解消

髪のボリュームは加齢と共に減っていきます。「もっとボリュームのある髪になれれば」「綺麗な髪になってオシャレを楽しみたい」「薄毛を改善させたい」という女性に、簡単に出来る髪のエイジングケアをお教えします。

 

薄毛といっても、毛根の数は減りません。髪の太さが細くなってしまうことが原因で薄毛になるのです。髪にしっかりと栄養を届けることで、髪が太く美しくなります。
髪は「ケラチン」というタンパク質で構成されています。良質なタンパク質が含まれる食材を積極的に食べるようにしましょう。タンパク質が多く含まれている食材は、肉・魚・卵・大豆・牛乳などが挙げられます。これらの食材をバランス良く食べることが大切です。

 

髪に栄養を送るためには、地肌の血行を良くする必要があります。血行を良くするためには、冷え症は大敵です。冷たいものではなく、温かいものを食べるようにしましょう。
地肌をマッサージすることも効果的です。洗髪する際に指の腹を使って優しくマッサージをしてください。このとき爪を立てないように気をつけましょう。
美髪6
シャンプーの選び方にも気をつけて選ぶと良いでしょう。今は育毛のためのスカルプシャンプーが多く売られています。地肌を改善することは大切です。界面活性剤が多く含まれるシャンプーは、皮脂を落とし過ぎて地肌を乾燥させてしまいます。アミノ酸シャンプーは程良い洗浄力なので、必要な皮脂を落とし過ぎてしまうことはありません。刺激も少ないので、アミノ酸シャンプーがお勧めです。
リンスやコンディショナーを地肌に散布することは、毛穴を塞いでしまってエイジングケアの妨げになります。気を付けましょう。

 

エイジングケアを続けていけば、薄毛にも負けない美しい髪になれますよ。地道に続けていくことが美髪への一歩に繋がります。